交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

認定事例をご覧ください。貴方に当てはまる事例があるかもしれません!

胸腹部臓器の障害

胸腹部臓器の認定基準は、「呼吸器」「循環器」「腹部臓器」「泌尿器」「生殖器」の障害に分けてそれぞれ定められています。
その障害が単一である場合には、臓器ごとに定める基準により認定することになり、その障害が複数認められる場合には、併合の方法を用いて相当級を定めることとなります。
多数の臓器に障害を残し、それらが複合的に作用するために、介護が必要な程度に重度の障害が残ることとなる場合のように、併合の方法により得られが等級が、総合評価による等級を明らかに下回る場合は、介護の程度および労務への支障の程度を総合的に判断して障害等級を認定することとなります。

障害系列/障害序列 胸腹部臓器障害(外生殖器を含む)
別表第一 第1級 2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級 2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
別表第二 第3級 4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
第5級 3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級 5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
13号 両側の睾丸を失ったもの
第9級 11号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
17号 生殖器に著しい障害を残すもの
第11級 10号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
第13級 11号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

その他の目に見えにくい後遺障害

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

ヨネツボに無料でメール相談する

平日のご来所が難しい方は、土曜日相談(無料)をご利用ください

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る