交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

むち打ち症状と等級認定

「後遺症の認定は難しいのでは……」

あきらめてしまう前に“再請求(いわゆる異議申立て)手続き”をしてみませんか?

私どもの事務所では、ご相談時に経過診断書や後遺障害診断書等をご持参いただいていますが、約8割の方に次のような傷病名が付いています。

「頚椎捻挫、頚部挫傷、外傷性頚部症候群、バレリュー症候群、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)等々」
いわゆる、「むち打ち」です。

そして、むち打ちの症状は被害者によって様々で、大体、次のように分類できます。

  1. 頸の痛み、シビレ
  2. 頸の運動制限
  3. 上肢の痛み、シビレ
  4. 上肢の知覚障害、握力低下
  5. 頭痛
  6. めまい、ふらつき感
  7. 吐き気
  8. 耳鳴り
  9. 眼のちらつき、かすみ、眼精疲労
  10. 倦怠感

これらの症状が完治に至らず、概ね半年以上の治療を継続しても症状の改善が見られない場合、その残ってしまった症状を後遺症といい、後遺症が「後遺障害等級として評価されるものなのか」を手続きによって明らかにしていくことになります。
ですが、むち打ちの症状が後遺障害等級として認定されることは、一般的には難しいと言われています。

ところで、後遺障害はその内容により約140種類あります。部位別、症状別に分類されるのですが、一つの見方として、「目に見えやすい後遺障害」「目に見えにくい後遺障害」に大別されると思います。
「目に見えやすい後遺障害」、例えば“腕が切断された場合”とか、“眼が失明された場合”等は、その事実だけで後遺障害等級として認定をされます。また、肩関節を骨折した後に肩関節に可動域制限が生じた場合は、可動域を数値的に測定しその測定値を認定基準にあてはめることによって認定されるかどうかが決まります。

一方、「目に見えにくい後遺障害」、その代表例が本ページのテーマでもある「むち打ち」ですが、この「むち打ち」から来る様々な症状は、それを裏付ける他覚的異常所見に乏しい面もあり、また、数値的に表されるものでもないため、等級認定されることは「目に見えやすい後遺障害」に比べると難しいのが現状です。
しかし、後遺障害等級認定手続きには、再請求(いわゆる異議申立て)手続きが認められています。
私どもの事務所はこの「再請求(いわゆる異議申立て)手続き」を主たる業務として行っておりますが、資料不足から適正な等級認定を受けられないことが多く見受けられます。
認定されなかった理由や被害者が訴えている症状を一つ一つ精査し、的を射た資料を添付し再請求(いわゆる異議申立て)をすることにより、適正に評価(等級認定)されることもよくあります。

むちうち症状が等級認定される場合、「局部の神経症状」として12級または14級となります。

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る