交通事故後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

弁護士との併用も可能です

むち打ちと等級認定

「後遺症の認定は難しいのでは……」

あきらめてしまう前に“再請求(いわゆる異議申立て)手続き”をしてみませんか?

私どもの事務所では、相談者に経過診断書または後遺障害診断書を持参していただいていますが、約8割の方に次のような傷病名が付いています。

「頚椎捻挫、頚部挫傷、外傷性頚部症候群、バレリュー症候群、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)等々」
いわゆる、「むち打ち」です。

そして、むち打ちの症状は被害者によって様々で、大体、次のように分類できます。

  1. 頸の痛み、シビレ
  2. 頸の運動制限
  3. 上肢の痛み、シビレ
  4. 上肢の知覚障害、握力低下
  5. 頭痛
  6. めまい、ふらつき感
  7. 吐き気
  8. 耳鳴り
  9. 眼のちらつき、かすみ、眼精疲労
  10. 倦怠感

これらの症状が治療によって治ればよいのですが、概ね半年以上の治療を継続しても症状の改善が見られない場合、後遺症ということになり後遺障害等級の認定を受ける事となります。
ですが、むち打ちの症状が後遺障害等級として認定されることは、一般的には難しいと言われています。

ところで、後遺障害はその内容により約140種類あります。部位別、症状別に分類されるのですが、一つの見方として、「目に見えやすい後遺障害」「目に見えにくい後遺障害」に大別されると思います。
「目に見えやすい後遺障害」、例えば“腕が切断された場合”とか、“眼が失明された場合”等は、その事実だけで後遺障害等級として認定をされます。また、肩関節を骨折した後に肩関節に可動域制限が生じた場合は、可動域を数値的に測定しその測定値を認定基準にあてはめることによって認定されるかどうかが決まります。認定の難易度から言えば比較的簡単に認定されるカテゴリーであると思います。

一方、「目に見えにくい後遺障害」、その代表が本ページのテーマでもある「むち打ち」ですが、この「むち打ち」から来る様々な症状は、それを裏付ける他覚的異常所見に乏しい面もあり、また、数値的に表されるものでもない為、一般的に難しいと思われているのではないでしょうか。
しかし、後遺障害等級認定手続きには、再請求(いわゆる異議申立て)手続きが認められています。
私どもの事務所はこの「再請求(いわゆる異議申立て)手続き」を主たる業務として行っていますが、その経験から言って、認定されなかった理由、被害者が訴えている症状を一つ一つ精査し、的を射た立証資料を添付し再請求(いわゆる異議申立て)をすることにより、適正に評価・認定されることはよくあることです。
再請求(いわゆる異議申立て)をするにもそのポイントがあるということです。
相談者がご自分で再請求(いわゆる異議申立て)をした時の「再請求(いわゆる異議申立て)書」を見させていただくことがよくありますが、加害者に対する恨みつらみ等を長々と書いているものをたまに見かけます。ほとんど認定には影響が無く、逆に心因的なものから来る症状と判断されかねません。
繰り返しになりますが、再請求(いわゆる異議申立て)には客観的な立証の積み重ねが大事ということです。

最後に、むち打ち症状の後遺障害等級が等級として認定された場合、通常は14級と12級に分かれます
労災を準用している自賠責保険の後遺障害等級認定実務において、「局部の神経症状」については、次の通りの基準があるとされています。

次のようなお悩みや不安をお持ちの方は、
ぜひ「経験と実績のヨネツボ」にご相談ください!
米中と大坪が被害者様と共に考えます

初回相談無料

  • 被害者請求をしたが通らなかった
  • 後遺障害等級認定への異議申立て(再申請)をしたい
  • 認定に重要と言われている医学的な証拠集めをしっかりサポートして欲しい
  • 他の事務所で具体的な提案が無く不安((例)診断書をもらってくるように言われたが、どのような診断書をもらえばいいのかわからない、等)
  • 他事務所での言葉が難しく理解できない
認定された6人に1人がヨネツボを利用! 後遺障害等級認定初回認定率80%! 後遺障害認定手続申請実績5,000件以上!

ヨネツボは後遺障害等級認定手続きのスペシャリストとして、被害者様からだけでなく、多くの弁護士からもご依頼を受けています。選ばれる理由

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

弁護士か行政書士かでお悩みの方

示談交渉は弁護士へ、後遺障害等級認定はヨネツボへ!

交通事故、後遺障害等級認定手続きにおいて、プロが認めるプロ集団
1998年(平成10年)以来、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きのみに特化した後遺症認定専門事務所です。

交通事故はご自身でも解決が可能です。
  • ヨネナカ・オオツボが直接担当
  • 弁護士×行政書士の組合せで納得の解決へ
  • 交通事故はご自身でも解決が可能です
  • 交通事故慰謝料・後遺障害のことならヨネツボ 交通事故被害者請求 後遺症のヨネツボ