交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

認定事例をご覧ください。貴方に当てはまる事例があるかもしれません!

脊髄の障害

脊髄の損傷による障害については、原則として、身体的所見及びMRI、CT等により裏付けることのできる麻痺の範囲と程度により障害等級を認定することとなります。
脊髄が損傷された場合、複雑な諸症状を呈する場合が多いです。
(例:広範囲にわたる感覚異常や尿路障害、脊柱の変形や運動障害等)

障害系列/障害序列 神経系統の機能または精神の障害
別表第一 第1級 1号 せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの
以下のものが該当する。

  1. 高度の四肢麻痺が認められるもの
  2. 高度の対麻痺が認められるもの
  3. 中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
  4. 中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
第2級 1号 せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、随時介護を要するもの
以下のものが該当する。

  1. 中等度の四肢麻痺が認められるもの
  2. 軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
  3. 中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
別表第二 第3級 3号 生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、せき髄症状のために労務に服することができないもの
以下のものが該当する。

  1. 軽度の四肢麻痺が認められるもの(別表第一第2級1号のbに該当するものを除く。)
  2. 中等度の対麻痺が認められるもの(別表第一第1級1号のd又は別表第一第2級1号のcに該当するものを除く。)
第5級 2号 せき髄症状のため、きわめて軽易な労務のほかに服することができないもの
以下のものが該当する。

  1. 軽度の対麻痺が認められるもの
  2. 一下肢の高度の単麻痺が認められるもの
第7級 4号 せき髄症状のため、軽易な労務以外には服することができないもの
一下肢の中等度の単麻痺が認められるものが該当する。
第9級 10号 通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、労務可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
一下肢の軽度の単麻痺が認められるものが該当する。
第12級 13号 通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、多少の障害を残すもの
運動性、支持性、巧緻性及び速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すものが該当する。また、運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるものも該当する。

その他の目に見えにくい後遺障害

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

ヨネツボに無料でメール相談する

平日のご来所が難しい方は、土曜日相談(無料)をご利用ください

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る