交通事故慰謝料・後遺障害認定のことならヨネツボ

0120-5140-45
月曜日~金曜日 9:30~18:30
土曜日 10:00~15:00

後遺障害等級の認定とは

自賠責において後遺障害等級に認定されると、どのような効果があるのか説明したいと思います。

後遺障害14級が認定された専業主婦の後遺障害部分の損害・後遺障害慰謝料の例はこちら

後遺障害慰謝料・逸失利益の算出根拠

まず、第一に、等級認定は、後遺障害部分の損害としての後遺障害慰謝料、逸失利益を算出する有力な根拠となります。

【損害の全体像】

損害の全体像

  1. 後遺障害慰謝料=後遺障害が残存した事による精神的慰謝料
    自賠責基準・任意保険基準・裁判基準等があります。
  2. 逸失利益=労働能力喪失による経済的損失
    計算式は次の通りです
    基礎収入(年収など) × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

後遺障害14級が認定された専業主婦の後遺障害部分の損害・後遺障害慰謝料の例

あくまで、参考ですが、むち打ち症で14級が認定された専業主婦の後遺障害部分の損害を、いわゆる「赤い本」基準で計算すると次の通りになるとされます。
逸失利益:3,432,500円(※1) × 5%(※2) ×4.3295(※3) =743,050円
後遺障害慰謝料:1,100,000円
合計:1,843,050円(自賠責保険における14級の保険金額75万円を含む)

(※1) 賃金センサス平成18年第1巻第1表の産業計、企業規模計、学歴計、女性労働者の全年齢平均賃金額
(※2) 14級の労働能力喪失率
(※3) 5年に対応するライプニッツ係数。ライプニッツ係数とは中間利息を控除する係数。むち打ち症で14級の場合5年以下に制限されることが多いといわれています。

自賠責の限度額の先取り

第二に、後遺障害等級に認定されると、後遺障害部分の賠償のうち、自賠責の限度額を先取りすることもできます。被害者請求の場合は認定されると、指定口座に振込みされます。
自賠責の限度額については、示談をすることなく、先に受け取ることが可能なわけです。自賠責の限度額については、後遺障害等級によって異なります。
14級は75万円、12級は224万円という具合です。自賠責の限度額は120万円というはなしを聞いたことがある方は多いと思いますが、こちらは傷害(ケガ)の部分の限度額です。

実は、この先取りできるというメリットは、非常に役に立ちます。
先立つものがなくて、弁護士に依頼できないという人も、自賠責の限度額を先取りすることで、着手金を用立てることができ、差額の請求を弁護士に依頼することも出来るという事です。

各種保険金・共済金の請求

第三に、後遺障害等級を得ることにより、自身の乗っていた自動車に付帯されている搭乗者傷害保険の後遺障害保険金など、各種の後遺障害にかかる傷害保険金、共済金を請求できます。

搭乗者傷害保険については、入・通院部分の保険金請求を忘れることは少ないのですが、後遺障害部分については、事故から時間が経っているため、忘れてしまうことが多いものです。
1000万円の掛け金の場合、12級で10%、つまり100万円が請求できます。そのほか、入・通院の費用を目的に加入した共済なども、後遺障害部分の請求忘れが意外と多いものです。
等級に認定されたら、いろいろな証券を見ることを忘れないでください。

1998年(平成10年)以来、一貫して交通事故業務に専門特化してきた事務所だから分かる、 これだけ見れば分かる「後遺障害等級の認定とは」からの「納得」の交通事故解決までの流れと重要ポイント

【まとめ】「後遺障害等級の認定とは」からの「納得」の交通事故解決までの流れと重要ポイント>
交通事故はご自身でも解決が可能です。

後遺障害認定手続きは、ヨネツボへ

交通事故、後遺障害等級認定手続きにおいて、プロが認めるプロ集団

1998年(平成10年)以来、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きのみに特化した後遺症認定専門事務所です。

不利にならないためにも1日も早いご相談を!

交通事故に合い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
適正な慰謝料を得るためにはご相談者様自身が正しい情報・知識を得て、判断されることが最も大切です。そのため初回相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

認定された6人に1人がヨネツボを利用! 後遺障害等級認定初回認定率80%! 後遺障害認定手続申請実績5,000件以上!

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

0120-5140-45

受付時間:月曜日〜金曜日 9:30~18:30 土曜日 10:00~15:00(携帯・PHS可)

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。