ご相談無料・全国対応 03-5540-8455

平日 8:00~19:00。時間外、土曜日の来所
相談もお受けします。(要予約)

認定事例

更新日:2019年9月5日

頚髄損傷後の右手指の巧緻障害および右下肢脱力等の症状:事前認定(9級10号)→異議申立て(5級2号)認定

診断名
頚髄損傷・骨盤骨骨折・多発肋骨骨折
症状
右手指の巧緻障害・右下肢の脱力
  • 認定結果
    9級10号
    5級2号
  • 後遺障害保険金
    616万円
    1,574万円
    自賠責保険金

事故態様

被害者:普通乗用車  加害者:普通乗用車
追突

治療状況

治療期間としては約10か月
約7か月の入院  3日の通院

ご相談時の等級

第9級10号

相談からご依頼までの流れ

弁護士がすでに入っており弁護士から異議申立ての見立てを依頼される。
少しでも可能性があればということで受任する。

被害者請求・医師への照会

主治医に面談し、症状の医学的原因、症状の程度について詳細な「照会・回答書」を作成して頂く。

結果

症状の程度から、「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」として別表第二第5級2号に認定される。

ページの先頭へ
認定の手引