ご相談無料・全国対応 03-5540-8455

平日 8:00~19:00。時間外、土曜日の来所
相談もお受けします。(要予約)

認定事例

更新日:2019年9月5日

左大腿骨顆部骨折および左膝内側側副靱帯損傷後の左膝痛:事前認定(非該当)→異議申立て(14級9号)→異議申立て(12級13号)認定

診断名
左大腿骨顆部骨折・左膝内側側副靱帯損傷
症状
左膝痛
  • 認定結果
    非該当
    12級
  • 後遺障害保険金
    0円
    224万円
    自賠責保険金

事故態様

被害者:自動二輪車   加害者:普通乗用自動車
被害者直進、加害者右折の右直事故

治療状況

治療期間としては約9か月
整形外科に60日通院

ご相談時の等級

非該当

相談からご依頼までの流れ

医師からも認定されないのはおかしいと言われ幣所に来所相談。納得のために被害者請求での異議申立てをご希望され、受任する。

被害者請求・医師への照会

医師に面談し、症状経過、治療状況、画像所見等を「照会・回答書」として作成して頂く。
再度の異議申立ての際には、同じ病院の他の医師に画像所見についてのみ「照会・回答書」を作成して頂く。

結果

最初の異議申立てでは、提出の左膝画像上、左大腿骨顆部の骨折部の骨癒合状態は良好でありであり関節面の不整や明らかな内側側副靱帯の断裂な認められないものの、骨折の状態、症状経過、治療経過等を勘案すると、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから第14級9号に認定される。
再度の異議申立てでは、提出の画像上、左大腿骨顆部骨折部の転位所見と内側側副靱帯の大腿骨内側顆付着部付近の断裂が認められ、他覚的に証明可能な症状と捉えれることにより第12級13号に認定される。

ページの先頭へ
認定の手引