ご相談無料・全国対応 03-5540-8455

平日 8:00~19:00。時間外、土曜日の来所
相談もお受けします。(要予約)

認定事例

更新日:2019年9月17日

左TFCC損傷後の左手関節痛:事前認定(14級9号)→異議申立て(12級13号)認定

診断名
左尺骨茎状突起骨折・後に左TFCC損傷
症状
左手関節痛
  • 認定結果
    14級9号
    12級13号
  • 後遺障害保険金
    75万円
    224万円
    自賠責保険金

事故態様

横断歩道を歩行中、右折車両に衝突され転倒

治療状況

治療期間としては約1年10か月
34日の入院 156日の通院

ご相談時の等級

14級9号

相談からご依頼までの流れ

激しい痛みにもかかわらず14級の認定に納得がいかず来所相談。
症状固定後、セカンドオピニオンで左TFCC損傷の診断を受け、医師も協力的だということで12級13号を目指し異議申立て手続きについてご依頼いただく。

被害者請求・医師への照会

医師に面談し、左TFCC損傷として新たに作成していただいた後遺障害診断書と、その根拠となるMRI画像を添付して自賠責保険へ異議申立てを行う。

結果

新たに提出された後遺障害診断書上、「TFCC損傷」の傷病名が認められ、新たに提出のMRI画像上、これを窺わせる所見が認められ、訴えの症状とも一致することから、左尺骨茎状突起骨折後のTFCC損傷によるものであることは否定し難く、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として別表第二第12級13号に認定される。

ページの先頭へ
認定の手引