ご相談無料・全国対応 03-5540-8455

平日 8:00~19:00。時間外、土曜日の来所
相談もお受けします。(要予約)

認定事例

更新日:2019年9月5日

中足骨骨折後の右足指の機能障害:事前認定(非該当)→異議申立て(9級15号)認定

診断名
右中足骨骨折
症状
右足指の拘縮・右足指の麻痺
  • 認定結果
    非該当
    9級15号
  • 後遺障害保険金
    0円
    616万円
    自賠責保険金

事故態様

自動二輪で走行中、加害車両に接触され転倒

治療状況

治療期間としては約9か月
約2か月間の入院後、月3回程度の通院

ご相談時の等級

事前認定で非該当

相談からご依頼までの流れ

弁護士に依頼中。ホームページをご覧になりセカンドオピニオンとして相談に来られる。
弁護士了解のもと、異議申立て手続きを受任する

被害者請求・医師への照会

主治医に面談し、右足指の機能障害について、その医学的原因を照会・回答書として作成していただき被害者請求を行う

結果

提出の照会・回答書等を検討した結果、右足第1~第5足指の中足指節関節の可動域が健側(左足指)の可動域角度の1/2以下に制限されていることから、「1足の足指の全部を廃したもの」として別表第二第9級15号に認定される。

ページの先頭へ
認定の手引