交通事故後遺障害認定のことならヨネツボ

後遺症のヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

パートナー事務所

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

北海道札幌市中央区大通西11丁目4番地21 52山京ビル702号室

自賠責保険への被害者請求を通じてご依頼者様の「納得・安心」にこたえていく後遺障害・交通事故専門行政書士事務所が「ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所」です。

後遺障害14級「事前認定」で非該当、弁護士から相談を受け異議申立で後遺障害14級9号に認定

部位
症状
首の痛み、右腕のしびれ

札幌市在住 男性 会社役員(平成28年2月事故)

交差点内の事故、大型ダンプに衝突され頭部外傷・頸椎捻挫

青信号で交差点内を直進中に、右方から大型ダンプに衝突され頭部や頚部を受傷。その後、7ヵ月間治療を続けるも首の痛みや右腕のしびれが残存しました。

相手方の保険会社がおこなう「事前認定」で申請するも非該当

保険会社から治療費の打ち切りを示唆されたため、主治医に後遺障害診断書の作成を依頼し、保険会社に後遺障害等級認定申請をしてもらうが非該当の結果を受ける。その後、被害者さまは弁護士に相談して弊所にご来所される。くわしい聞き取りや自賠責保険制度をご説明した上、後遺障害等級認定手続きをご依頼いただきました。

受任後、医療調査を実施して異議申立

被害者さまが通院されていた2病院の医師へ異議申立に必要な医学的資料の作成を依頼し、後遺症の実態を明らかにする書類を整えて被害者請求・異議申立をおこなう。

被害者請求・異議申立の結果、後遺障害等級14級9号に認定

自賠責保険へ被害者請求を行った結果、首の痛みや右腕のしびれの症状について「局部に神経症状を残すもの」として後遺障害等級14級9号に認定されました。

行政書士からの一言

保険会社から「事故が大きいですから、絶対とは言えませんが等級認定されるでしょう」と説明を受けて「事前認定」を依頼するも非該当の結果を受けた被害者さま、どうしても納得がいかないため弁護士にご相談されました。

その後、弁護士から紹介を受けて弊所にご相談いただきました。そこで「事前認定」に使用した資料を拝見し聞き取りをおこなった結果、被害者さまの症状を立証する資料が不足していたことがわかりました。そのため、医療調査を通じて症状を補足する資料を整えました。これが被害者側でおこなう被害者請求最大のメリットです。

加害者側の保険会社がおこなう「事前認定」は、あくまで加害者の示談のために便宜上、保険会社がおこなう申請方法です。そもそも後遺症を立証する立場にない保険会社が積極的に被害者の支援をする制度ではありません。

「事前認定」で非該当の結果を受けた方は、被害者請求で過不足のない後遺障害等級認定手続きをおこなうことを検討してみてはいかがでしょうか。

その他の交通事故後遺障害等級認定の解決事例

2013年05月31日
高次脳機能障害 被害者請求で後遺障害等級併合2級認定
2013年03月03日
頚部痛と肩の痛み 事前認定で非該当、異議申立てで後遺障害等級14級認定
2012年11月03日
高次脳機能障害 被害者請求で後遺障害等級7級認定
2012年09月11日
膝関節痛 事前認定で14級、異議申立てで後遺障害等級12級認定
2012年07月25日
耳鳴り 非該当から異議申し立てによる被害者請求で後遺障害等級12級認定事例
交通事故はご自身でも解決が可能です。

後遺障害認定手続きは、ヨネツボへ

交通事故、後遺障害等級認定手続きにおいて、プロが認めるプロ集団

1998年(平成10年)以来、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きのみに特化した後遺症認定専門事務所です。

不利にならないためにも1日も早いご相談を!

交通事故に合い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
適正な慰謝料を得るためにはご相談者様自身が正しい情報・知識を得て、判断されることが最も大切です。そのため初回相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

認定された6人に1人がヨネツボを利用! 後遺障害等級認定初回認定率80%! 後遺障害認定手続申請実績5,000件以上!

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。