交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

後遺症のヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

後遺障害14級腰椎捻挫後の腰痛、事前認定・非該当、異議申立てで14級9号に認定

診断名
腰椎捻挫
症状
腰痛

赤信号停車中の追突事故により腰痛残存。認定基準に照らし、不足していると思われる情報を補うために、医師への面談をし、作成いただいた資料を基に再請求(異議申立て)をし、「非該当」から14級9号に認定

事故態様

赤信号停車中に、後続車に追突される。

治療状況

事故日から8か月にわたり、整形外科と整骨院へ通院。
けん引、電気治療、投薬治療、手技等の治療を受ける。

ご相談時の等級

これから手続きされる方

相談からご依頼までの流れ

弁護士の先生へ依頼していたが、セカンドオピニオンとしてメール相談でお問合せいただく。その後、お電話にて回答。より詳しいご相談を希望され、ご来所いただく。ご持参いただいた資料や、被害者様の症状と同じような症状で認定された類似事例を踏まえ、認定の可能性についてお話させていただく。その後、ご依頼中の弁護士の先生ご了承のもと、自賠責への被害者請求(後遺障害等級認定)についてご依頼いただく。

医師への照会・被害者請求

1度目の結果は「非該当」。当時まだ通院されていた被害者様は再請求をご希望され、引き続きサポートさせていただく。適正な等級認定を受けるためには、認定基準に合致する的確な医学的資料を揃えることが不可欠であるため、医師への面談を通して、被害者様の症状に関する新資料をご作成いただく。その後申立書等その他書類作成の上、自賠責保険会社へ再請求(異議申立て)する。

結果

被害者様が一番気になる腰痛について「提出された新資料を踏まえ、治療状況や症状経過などを検討すれば~省略~(局部に神経症状を残すもの)として別表第二第14級9号に該当するものとする」との認定結果を受ける。

不利にならないためにも
1日も早いご相談を!

交通事故に合い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

後遺障害の内容は千差万別で一人一人全て異なります。
このため、機械的・事務的作業では決して適正な認定は得られません。
被害者様一人一人に個別具体的に対応させていただきます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

その他の交通事故後遺障害等級認定の解決事例

2019年08月02日
頚椎捻挫後の頚部痛、腰椎捻挫後の腰部痛について、事前認定で非該当、異議申立てで14級9号に認定
2019年08月02日
外傷性頚部症候群後の頚部痛、両上肢シビレについて、事前認定で非該当、異議申立てで14級9号に認定
2019年08月02日
頚椎捻挫、顔面打撲後の耳鳴りについて、非該当からの異議申立てで12級相当に認定
2019年08月02日
中足骨骨折後の右足指の機能障害について、非該当からの異議申立てで9級15号に認定
2019年08月02日
左手関節TFCC損傷後の左手関節痛について、初回請求で14級9号、異議申立てで12級13号に認定


上へ戻る