交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

後遺症のヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

後遺障害12級右膝骨折後の右膝動揺関節、初回請求で12級7号に認定された事例

診断名
右脛骨後縦靭帯付着部剥離骨折
症状
右膝関節の可動域制限、右膝関節のグラグラ感、右膝痛

このまま事前認定に進んでよいものなのか。右脛骨後縦靭帯付着部剥離骨折後の右膝関節の機能障害について、可動域角度は認定基準に達しなかったが、動揺関節として別表第2第12級7号に該当された事例。

事故態様

信号ある交差点をバイクで直進中、対向の右折車と衝突

治療状況

治療期間としては約1年
約半月入院後、月に2,3回の通院治療を受ける

ご相談時の等級

これから手続きする段階

相談からご依頼までの流れ

後遺障害診断書はすでに作成してもらっており、このまま事前認定で出してよいものかどうかで来所される。
機能障害として右膝の可動域制限と動揺性(グラツキ感)が残存していた。
可動域角度については測定値が記載されていたが、動揺性(グラツキ感)については医学的な説明の記載がなく検査も未施行であった。
後遺障害等級の認定方法(事前認定被害者請求)の説明と動揺性についての医師への照会と検査の依頼が必要であることをお話しし、初回から被害者請求の依頼を受ける。

医師への照会・被害者請求

主治医に動揺関節の認定要件について説明し必要な検査も実施してもらい、右膝関節の動揺性についての所見を後遺障害診断書に追記していただく。それをもって自賠責保険へ被害者請求を行った。

結果

右膝の可動域制限については認定基準に達せず該当しなかったが、動揺性が機能障害として認められ別表第2第12級7号として認定される。

不利にならないためにも
1日も早いご相談を!

交通事故に合い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

後遺障害の内容は千差万別で一人一人全て異なります。
このため、機械的・事務的作業では決して適正な認定は得られません。
被害者様一人一人に個別具体的に対応させていただきます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

その他の交通事故後遺障害等級認定の解決事例

2018年05月02日
腰椎捻挫後の腰痛・右下肢しびれ、事前認定・非該当、異議申立てで14級9号に認定
2018年08月10日
骨折後の疼痛、初回請求で12級13号に認定
2019年01月30日
腰部捻挫後の腰痛、初回請求・非該当、異議申立てで14級9号に認定
2019年03月15日
脳挫傷後の高次脳機能障害、初回請求で3級3号に認定
2016年03月05日
第4腰椎横突起骨折後の腰痛・左下肢しびれ、事前認定・非該当、異議申立てで14級9号に認定


上へ戻る