交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

後遺症のヨネツボ

0120-5140-45
月曜日~金曜日 9:30~17:30

直営事務所

ヨネツボ行政書士法人 東京事務所

東京都中央区八丁堀2-2-9 コバキンビル4階

「後遺症」についてはお医者様に 自賠責保険の「後遺障害等級」の実務については、 私たち専門の行政書士に

後遺障害11級事前認定で第14級9号が認定され、異議申立てで第11級7号に認定

部位
背部痛
症状
第6胸椎圧迫骨折

東京 男性 会社員

事故態様

前方の信号が赤になったので減速し停車する直前に後方から走行してきた加害車両に追突され受傷。加害車両はノーブレーキ状態。

事前認定結果

事故から約1年後症状固定し、事前認定にて後遺障害の等級を申請し、別表第二第14級9号に認定される。

異議申立て

被害者の奥様が障害内容の実態からして7級は適正な等級ではないと考え、依頼中の弁護士が異議申立書を保険会社に提出し事前認定にて異議申立を行う。
異議申立の際の新たな資料はなかった。
結果は不変。7級のままであった。

弊所に相談

第6胸椎圧迫骨折の診断がされているのに、脊柱の変形障害(第11級7号)には該当せず、局部の神経症状(背部痛)として第14級9号に認定されたことに納得できず、インターネット検索し弊所に相談される。
異議申し立て手続きとして受任する。

医療調査

第6胸椎圧迫骨折そのものについて、当該事故と相当因果関係を有するものと捉えることが困難であるとの理由で否認をされているので、その点について医師面談を通して、画像所見、受傷当時の症状等から事故と骨折との間に因果関係ありとの照会・回答書を作成して頂く。

認定結果

画像上、第6胸椎の変形像が認められ、その様相から外傷性の圧迫骨折と判断され、受傷当時の症状と整合するとの理由で「脊柱に変形を残すもの」として第11級7号に認定される。(背部痛は変形障害に派生するものとして判断される。)

行政書士からの一言

本事例以外にも、胸椎圧迫骨折と診断されていても事故との因果関係がないという事で否認されたケースをよく見かけます。
異議申立をして等級認定されるかどうかは一概には言えませんが、ケースごとに精査する必要があります。
本事例の場合は、本人から受傷態様を詳しく聞き取ったうえで主治医に面談し、画像所見と受傷当時の症状から、事故を起因とした骨折であることが考えられる旨の照会・回答書を作成してもらいました。
認定結果の理由書に、その照会・回答書の内容が引用されており、被害者ご本人もさることながら協力して頂いた主治医も大変喜んでいました。
医療調査をして本当に良かったと思いました。

不利にならないためにも
1日も早いご相談を!

交通事故に合い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

後遺障害の内容は千差万別で一人一人全て異なります。
このため、機械的・事務的作業では決して適正な認定は得られません。
被害者様一人一人に個別具体的に対応させていただきます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

その他の交通事故後遺障害等級認定の解決事例

2018年09月28日
右下腿挫傷後に右足関節の強い痛みと可動域制限が残った被害者。事前認定で非該当 異議申立で第12級7号に認定
2018年09月14日
セカンドオピニオンで脳脊髄液減少症と診断された被害者、事前認定で非該当。異議申立で第14級9号に認定
2018年09月13日
事前認定で第14級9号が認定され、異議申立てで第11級7号に認定
2018年09月15日
事前認定で別表第二第7級4号が認定され、異議申立てで別表第二第3級3号に認定された事例
2017年06月26日
ご家族の諦めない気持ちが当事務所へのお問合わせのきっかけ。非該当から14級認定へ


上へ戻る