交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

後遺症のヨネツボ

0120-5140-45
月曜日~金曜日 9:30~17:30

直営事務所

ヨネツボ行政書士法人 東京事務所

東京都中央区八丁堀2-2-9 コバキンビル4階

「後遺症」についてはお医者様に 自賠責保険の「後遺障害等級」の実務については、 私たち専門の行政書士に

後遺障害14級ご夫婦で事故に遭い、初回非該当。異議申立にて、それぞれ併合14級!

部位
首・腰
症状
頚部痛・腰痛

東京都/女性

事故状況・依頼までの経緯

小さなお子様を含め、家族で乗車。赤信号にて停車していた所、甲車に後ろから追突され、その勢いで前の車にも追突。被害車両は全損扱い。紹介で、後遺障害認定手続きについては、実績のあるヨネツボへと言われ御相談にいらっしゃいました。

業務内容・調査内容

お子様には幸い怪我がなく、ご夫婦で近くの整形外科へ通院されていました。
特に旦那様は勤務医で夜勤もこなさなくてはならず、仕事に多大な支障が出ていたとのことでした。保険会社より治療費を打ち切りされた後も、忙しい仕事の合間に自費で、整形外科へ治療を続けていらっしゃいました。
奥様もお子様がお休みの夏休みの間は、なかなか思うような通院ができなかった中で、通える範囲で治療を続けておられました。
一度目の認定結果は、中身をほとんど見ていないのか、すぐに「非該当」との結果が届きました。そのため、事故直後から症状固定までのそれぞれの詳しい症状経過等を確認すべく、主治医と御面会を致しました。自賠責の認定要件を主治医に説明させていただき、「後遺障害診断書」内では説明不足の新たな医証を作成していただきました。

認定結果・結果後

特に奥さまは、症状固定後はなかなか思うように治療を続けられなかったので、ご主人様の分だけでも異議申立をしてほしいとのお申し出でした。
ただ、事故から症状固定までの約8ヵ月間治療を続けられていたこともあり、もう一回はやられてみてはとアドバイスをさせていただき、その結果無事にご夫婦ともに14級に認定される結果となりました。旦那様が同業ということもあり、診断書をお願いするのは心苦しいともおっしゃられていました。

関連ページ

不利にならないためにも
1日も早いご相談を!

交通事故に合い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

後遺障害の内容は千差万別で一人一人全て異なります。
このため、機械的・事務的作業では決して適正な認定は得られません。
被害者様一人一人に個別具体的に対応させていただきます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

その他の交通事故後遺障害等級認定の解決事例

2018年09月28日
右下腿挫傷後に右足関節の強い痛みと可動域制限が残った被害者。事前認定で非該当 異議申立で第12級7号に認定
2018年09月14日
セカンドオピニオンで脳脊髄液減少症と診断された被害者、事前認定で非該当。異議申立で第14級9号に認定
2018年09月13日
事前認定で第14級9号が認定され、異議申立てで第11級7号に認定
2018年09月15日
事前認定で別表第二第7級4号が認定され、異議申立てで別表第二第3級3号に認定された事例
2017年06月26日
ご家族の諦めない気持ちが当事務所へのお問合わせのきっかけ。非該当から14級認定へ


上へ戻る