交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

後遺障害診断書のお願いの仕方

後遺障害診断書

『後遺障害診断書』

後遺障害診断書とは、後遺障害等級認定手続きに必要な書類の1つです。
基本的には、患者様から医師へ依頼をし、医師に作成していただく書類となります。
受傷日や被害者様の自覚症状、検査結果や症状の今後の見込み等が記載されるものです。
近年、この後遺障害診断書の書き方が等級認定にとって重要であるとの考えが広まっていますが、「後遺障害診断書の書き方」が等級認定にとって重要であるとの考えがインターネットやブログなどで多く広まっています。
診断をし、後遺障害診断書を作成するのはあくまでお医者様です。お医者様から「どのように書いたらいいの?」などと聞かれない限り、素人の立場から、「こう書いてください」などとはなかなか言えるものではないですし、実際にそう聞かれても、何をお願いしたらいいのかわからないというのが実情です。

そこで、わたしたちは、次の手順が穏当ではないかと考えています。

症状固定とは

後遺障害等級認定の方法


事前認定 被害者が医師に後遺障害診断書の作成をお願いし、入手後、一括社(加害者側任意保険会社)に提出します。
被害者請求 被害者請求の関係書類・画像を準備し、後遺障害診断書とともに、加害者側自賠責保険会社に請求します。
※当事務所は被害者請求(後遺障害等級認定手続き)の専門事務所です。

医療調査について

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

ヨネツボに無料でメール相談する

平日のご来所が難しい方は、土曜日相談(無料)をご利用ください

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る