交通事故後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

後遺障害診断書の書き方とポイント(記入例)

後遺障害診断書サンプル

下記に後遺障害診断書用紙とヨネツボ式「後遺障害認定診断書+照会回答書」のサンプルがダウンロードできます

後遺障害診断書の書き方」が等級認定にとって重要であるとの考えがインターネットやブログなどで多く広まっています。
しかし、診断するのはあくまでドクターです。「ドクターからどのように書いたらいいの?」などと聞かれもしない限り、素人の立場から、「こう書いてください」などとはなかなか言えないでしょうし、実際にそう聞かれても、何をお願いしたらいいのかわからないというのが実情でしょう。

そこで、わたしたちは、次の手順が穏当ではないかと考えています。

以上を前提に、1つだけ後遺障害診断書の書き方の留意点を挙げるとするならば、「治る見込みがある」などの趣旨のコメントがあってはいけないということでしょうか。
後遺障害診断は「症状固定」を前提としてなされるものですから、治る見込みがあるというのは矛盾になってしまいます。しかし、まれに、そのようなことが書かれている後遺障害診断書を目にすることがあります。

症状固定とは

後遺障害等級認定の方法

事前認定 被害者が医師に後遺障害診断書の作成をお願いし、入手後、一括社(加害者側任意保険会社)に提出します。
被害者請求 被害者請求の関係書類・画像を準備し、後遺障害診断書とともに、加害者側自賠責保険会社に請求します。
じぶん認定®
ヨネツボ式医療調査付被害者請求
後遺障害診断書の他、独自の経験に基づく医療調査によって、照会回答書等、事実証明書類を整え、被害者請求を行います。

後遺症の等級認定を受けるには

自賠責保険の支払基準(告示)によれば、「等級認定は、原則として労働者災害補償保険における障害の等級認定の基準に準じて行う」とされています。「原則として」「準じる」とは、異なるところもあると理解すべきです。しかしながら、労災の障害認定基準が一般公開されているのに対し、自賠責の等級認定の基準は一般には非公開となっております。

つまり、何を書いてもらうかを知る人は、ほとんど存在しないというのが実情なのです。わたしたちは、「認定上、この点重要ではないか」ということについて、多くの経験から学んでいます。認定要件が一般には非公開という現実の中では、経験がすべてと言っても過言ではありません。

一方、診断するのはあくまでお医者様です。医学のプロに対して、素人が口をはさむのは大変難しいことです。悪気がないのに、先生の機嫌を損ねてしまったという話は、大変多く聞きます。認定要件を知る以上に、医師への心遣い、マナーが重要であったりします。

ヨネツボでは、独自の経験に基づき、自賠責の認定上、重要と思われる点について、医師に照会し、回答を得て、これを後遺障害診断書に加味して、被害者請求をいたします。わたしたちは、ヨネツボ式医療調査付被害者請求を「じぶん認定®」と名付けました。

後遺障害診断書、照会回答書について

後遺障害診断書の書き方について、主治医にあれこれお願いするというのは、実際問題として、非常に難しいことです。なかには医師とトラブルになってしまうケースもあります。
ヨネツボでは、後遺障害診断書の他、独自の経験に基づき、医療調査を実施して、自賠責保険の認定基準上、意味があると思われる事実を書面化し、これを提出いたします。これによって、後遺障害診断書作成に関し、専門家である医師に口を出さずに、必要な情報を収集することを実現しております。

被害者請求及び実地調査に基づく事実証明書類作成は、いずれも行政書士の独占業務です。行政書士(または、行政書士法人)でないものは、業としてこれらを行うことができません。違反すれば1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります(但し、弁護士を除く)。

不利にならないためにも1日も早いご相談を!

交通事故に遭い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
適正な慰謝料を得るためにはご相談者様自身が正しい情報・知識を得て、判断されることが最も大切です。そのため初回相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

認定された6人に1人がヨネツボを利用! 後遺障害等級認定初回認定率80%! 後遺障害認定手続申請実績5,000件以上!

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

弁護士か行政書士かでお悩みの方

示談交渉は弁護士へ、後遺障害等級認定はヨネツボへ!

交通事故、後遺障害等級認定手続きにおいて、プロが認めるプロ集団
1998年(平成10年)以来、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きのみに特化した後遺症認定専門事務所です。

交通事故はご自身でも解決が可能です。

1998年(平成10年)以来、一貫して交通事故業務に専門特化してきた事務所だから分かる、 これさえ読めば誰でもわかる、交通事故 後遺障害の解決の手引

【まとめ】「後遺障害診断書の書き方とポイント(記入例)」からの「納得」の交通事故解決までの流れと重要ポイント>