交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

認定事例をご覧ください。貴方に当てはまる事例があるかもしれません!

下肢の障害(足指を含む)

下肢の障害の分類としては、欠損障害機能障害変形障害短縮障害醜状障害の5種類があります。

欠損障害 下肢を失った場合をいいますが、その程度によって1級・2級・4級・5級・7級にわかれています。
機能障害 例えば下肢の3大関節が完全に硬直した場合とか、関節の運動可動領域に制限が残った場合などをいいます。
その程度によって、1級・5級・6級・8級・10級・12級にわかれています。
変形障害 下肢に偽関節を残した場合とか、骨折後変形癒合して大腿骨がわん曲してしまった場合などをいいます。
その程度によって、7級・8級・12級にわかれています。
短縮障害 下肢の長さが短縮した場合をいいます。
短縮した長さによって、8級(5cm以上)、10級(3cm以上)、13級(1cm以上)にわかれています。
醜状障害 てのひら大を超える大きさの瘢痕や手術痕を残した場合、14級

足指の障害の分類としては、欠損障害機能障害の2種類があります。

欠損障害 その程度によって5級、8級、9級、10級、12級、13級にわかれています。
機能障害 その程度によって7級、9級、11級、12級、13級、14級にわかれています。

当事務所にはこのような方が相談にこられます。

  1. 交通事故によって足関節(足首)を骨折した。骨は癒合したが、足首が思うように曲がらず、歩行にも支障がある。
  2. 交通事故によって膝関節を骨折した。医者から、将来、人口膝関節を挿入しなくてはならないかもしれないといわれた。
  3. 交通事故によって右大腿骨を骨折し、足の長さが左に比べて短くなった。
  4. 交通事故によって股関節を骨折した。骨は癒合したが、医者から、将来的に脱臼しやすくなるかもしれないといわれた。
  5. 足指の1本が、全く動かなくなり、歩行が不便となってしまい、営業の仕事に支障が出るようになった。

その他の目に見えにくい後遺障害

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

ヨネツボに無料でメール相談する

平日のご来所が難しい方は、土曜日相談(無料)をご利用ください

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る