交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

認定事例をご覧ください。貴方に当てはまる事例があるかもしれません!

視覚・聴覚・嗅覚・味覚の障害

視覚の障害は、視力障害(視力低下、失明、1級から13級)、調節機能障害(調節力の単位はジオプトリー(D)、11級・12級)、運動障害(複視、注視野の広さの減少など、10級・11級・12級・13級)、視野障害(半盲症、視野狭さく、視野変状、9級・13級)にわけられます。
また、自賠責においては、外傷性散瞳(11級相当・2級相当)や流涙(12級相当・14級相当)の認定もあります。
ちなみに、まぶた(及びまつげはげ)の障害としては、欠損障害(9級、11級、13級、14級)、運動障害(11級・12級)もあります。

聴覚の障害は、両耳について9種類(4級・6級2種類・7級2種類・9級2種類・10級・11級)、一耳について4種類(9級・10級・11級・14級)の等級があります。
また、自賠責においては、耳鳴(12級相当・14級相当)、耳だれ(12級相当・14級相当)の認定もあります。ちなみに、耳介の欠損として、12級があります。

嗅覚の障害は、「鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの」については、9級、嗅覚の脱失・減退については、それぞれ12級相当・14級相当として扱われます。鼻呼吸困難により、嗅覚脱失の場合も12級相当として取り扱われます。

口の障害については、「そしゃく及び言語機能障害」「歯牙の障害」があり、味覚の障害は、等級表にはありません。しかしながら、自賠責においては、味覚脱失・味覚減退については、それぞれ12級相当・14級相当として扱われます。

当事務所にはこのような方が相談にこられます。

  1. 交通事故により、脳挫傷となり、意識不明となった。だが、以後、嗅覚が感じられず、料理をするのに支障がでている。
  2. 交通事故により、外傷性くも膜下出血となり、以後味覚が感じられなくなった。

その他の目に見えにくい後遺障害

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

ヨネツボに無料でメール相談する

平日のご来所が難しい方は、土曜日相談(無料)をご利用ください

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る