交通事故・後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

認定事例をご覧ください。貴方に当てはまる事例があるかもしれません!

上肢のシビレ・下肢のシビレ

頚椎捻挫後の上肢のシビレ・腰椎捻挫後の下肢のシビレの認定は、非該当、14級9号(旧14級10号)・12級13号(旧12級12号)に分かれます。
12級は「局部に頑固な神経症状を残すもの」で、医学的に「証明可能」なものとされており、他覚的所見があるものを言います。
14級は「局部に神経症状を残すもの」で、医学的に「説明可能」なものとされており、たとえ他覚的所見がなくても、受傷態様及び治療の継続性等を勘案して総合的に認定されるものです。

また、脊髄症状のために四肢に麻痺がある場合、神経症状として、9級以上の認定がされるケースもあります

当事務所にはこのような方が相談にこられます。

  1. 腰椎捻挫後、腰の痛み・足のシビレがひどく、重いものを持ったり、運転をしたりするのが辛く、仕事に支障があるが“非該当”とされたので、納得できない。
  2. 自営業(手を使う仕事)をしており、頚椎捻挫後の手のシビレにより、今まで通りの仕事ができなくなった。
    14級が認定されたが、これでは評価が低いと思うので、再請求(いわゆる異議申立て)手続きをしたい。

その他の目に見えにくい後遺障害

後遺障害認定の決め手は
お医者様に被害者様の医療情報(症状経過や検査結果等)
的確に書面化して頂くことです。

ヨネツボに無料でメール相談する

平日のご来所が難しい方は、土曜日相談(無料)をご利用ください

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:30~17:30 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

ヨネツボはあなたの後遺障害を
適正な認定に導く最後の砦

ヨネツボにご相談いただいた被害者さまの大多数の方が「もっと早く相談しておけばよかった」と、おっしゃいます。

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

[相談時間]平日 9:30~17:30
営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください


上へ戻る