交通事故後遺障害認定のことならヨネツボ

電話番号:03-5540-8455平日9:00~17:00※全国対応

じぶん認定®ヨネツボ式医療調査付被害者請求

後遺障害診断書の他、ヨネツボの過去の認定実績・経験に基づく医療調査によって、照会回答書等、事実証明書類を整え、被害者請求を行います。

ヨネツボの医療調査について

医療調査の有無による後遺障害手続きの流れの違い

メリット
  1. ヨネツボの過去の認定実績を参考にした医療調査に基づく事実証明書類を提出できる
  2. 手続きの透明性が高い。
  3. 等級認定がされると、示談をする前に自賠責部分の賠償額が先に支払われる。
デメリット 費用がかかります(費用対効果を考える必要有り)。

したがって費用対効果を考えるという意味でも、手続きを依頼される前に、まずは相談またはお見積もりをされることをお勧めします。
お気軽にご連絡下さい。

じぶん認定®について

ヨネツボには自賠責保険の後遺障害等級認定手続、再請求(いわゆる異議申立て)手続に関する豊富な経験と実績があります。その経験の中で、被害者の後遺症の実体を明らかにする「医療調査」が極めて重要であると考えております。いうまでもなく、その「医療調査」は自賠責上意味のあるものでなければなりません。ヨネツボでは、この独自の経験に基づく医療調査を加味した被害者請求による後遺障害手続きを、「じぶん認定®」と名付けました。「じぶんのあるがままの認定のために、じぶんで認定を受ける」という思いを込めてあります。一括社(加害者側保険会社)に任せる「事前認定」ではなく、ヨネツボ式医療調査付被害者請求「じぶん認定®」を、是非ご検討ください。
じぶん認定® は、本来、自賠責保険への請求手続き代行に、医療調査を加味したものという意味ですが、
私どもの提供するサービスを、お客様お一人おひとりが、お客様の必要に応じてお好きなように組み合わせていただくことも可能です。
お客様ご自身の「じぶん認定®」をおつくりいただけるよう、お手伝いさせていただければ幸甚です。

じぶん認定®は、ヨネツボ行政書士法人の登録商標です。

医療調査の有無による後遺障害手続きの流れの違い

手続きの流れ 詳細 じぶん認定®
(ヨネツボ式医療調査付被害者請求手続)
通常の被害者請求手続(医療調査なし)
1. お打ち合わせ ご用意頂く資料の確認
詳細はこちら
2. 認定手続方針の考案 過去の事例に基づき認定手続きの方針を考案
詳細はこちら
×
3. 医療調査 診断書等の医証の読込、医療照会回答書の起案、同意書により直接医師に相談等
詳細はこちら
×
4. 提出資料の検討 資料を追加すべきかどうか検討
詳細はこちら
×
5. 書類作成 ※再請求(いわゆる異議申立て)の場合、再請求(いわゆる異議申立て)書を作成
詳細はこちら
6. 申請 自賠責保険会社(共済)に被害者請求手続きを行います
詳細はこちら
7. 認定結果
認定額の支払い
認定結果に基づき認定額が決定。
詳細はこちら

後遺障害の手続きについては、経験と実績がある専門家依頼することが非常に重要です

後遺障害の手続きについては、経験と実績がある専門家依頼することが非常に重要です

その他、後遺症の等級認定を受ける方法

不利にならないためにも1日も早いご相談を!

交通事故に遭い何を誰に相談してよいかわからない方、もっと詳しく知りたい方、他事務所で断られた方、治療方法に不安のある方、どんな小さなお悩みでも構いません、少しでも早い相談が解決のカギです!
適正な慰謝料を得るためにはご相談者様自身が正しい情報・知識を得て、判断されることが最も大切です。そのため初回相談は無料ですので、遠慮無くお問い合わせください。

認定された6人に1人がヨネツボを利用! 後遺障害等級認定初回認定率80%! 後遺障害認定手続申請実績5,000件以上!

お電話でもお気軽にお問合せ下さい。

03-5540-8455

受付時間:平日9:00~17:00 営業時間外でも対応可能な場合もございます。お気軽にご相談ください

※事務所にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。 遠慮なく無料相談をご利用ください。

弁護士か行政書士かでお悩みの方

示談交渉は弁護士へ、後遺障害等級認定はヨネツボへ!

交通事故、後遺障害等級認定手続きにおいて、プロが認めるプロ集団
1998年(平成10年)以来、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きのみに特化した後遺症認定専門事務所です。

交通事故はご自身でも解決が可能です。

1998年(平成10年)以来、一貫して交通事故業務に専門特化してきた事務所だから分かる、 これさえ読めば誰でもわかる、交通事故 後遺障害の解決の手引

【まとめ】「じぶん認定®ヨネツボ式医療調査付被害者請求」からの「納得」の交通事故解決までの流れと重要ポイント>